Menu

在校生インタビュー

姉妹そろって好文生

  多彩なコースで、
「礼法」も学べる高校3年間

在校生インタビュー

(左):2018年 特別進学コース 卒業  
(右):保育進学コース 2年生

好文学園に入学しようと思ったきっかけは?

姉が通っていたので学校の良さは知っていました。
また自分が希望する保育のコースもあったので入学しました。

多彩なコースがあり、
目標に向かって進むには最適な学校です。

お姉さんから、何かアドバイスは?

中学3年生の時に「将来、やりたいことを決めているのなら、
専門的に学べる道を進んだ方がいいと思うし、
特に決まっていなければ幅広くいろいろ学ぶことが大切」と言われました。

好文学園は高校生活をどのように過ごしたいか、
将来どのような人になりたいかを全力でサポートしてくれます。
“自分サイズの未来を拓く”。そのための3年間にしてほしいです。

好文学園の魅力は何ですか?

女性としての魅力を高める「礼法」の授業があることです。
これからの生活で必ず役に立つマナーや作法を学べます。

「礼法」の学びは実生活や面接で役に立ち、私にとって財産となっています。

 姉と同じ好文学園、
そして弓道部へ

在校生インタビュー

(左):2019年 デザイン美術
イラストコース 卒業 
(右):標準進学コースⅡ類 2年生

好文学園に入学しようと思ったきっかけは?

好文明華祭(文化祭)への訪問です。
先輩方に明るく接していただいて、「私もこういう高校生になりたい」と思いました。

妹は高校生になってから、雰囲気も性格も明るくなりました。

好文学園のいいところは何ですか?

コースの数が多く、学びの選択肢がたくさんあるところです。
さらに各コースの学習に応じた設備も充実しています。

3年間、やりたいことに集中して取り組める環境だと思います。
また、どの先生も悩み事など困ったことがある時には
しっかりと向き合って話を聞いてくれます。

姉妹で弓道部に所属してよかったことは?

クラブ活動でうまくいかなかったときに、気軽に相談できることです。
姉も同じことで悩んでいたことが多かったので、適切な答えをもらえて、
気持ちがラクになりました。

私も同じ環境にいたので、妹の気持ちがよく分かりました。
勉強と弓道の両立を目指して頑張ってほしいです。