Menu

女子教育

女性として、
充実した人生を歩む。

──  女子教育  ──

しとやかで、身も心も美しい女性に。

好文学園では、女性としての品位や礼儀作法、無駄のない立居振舞を身につけるために
「小笠原流礼法」を授業に取り入れています。

日本特有の伝統的な礼儀作法を養い、相手への思いやりの心を備えた身も心も美しい女性を目指します。

小笠原礼法担当講師

萩本 房子
先生

高林 由起子
先生

小野 真帆
先生

授業で学んで欲しいこと

基本の立居振舞を繰り返し稽古することにより、正しい知識と作法、思いやりの心を身につけていただきたいと願っております。

小笠原流礼法で学ぶ作法

◆ 美しい姿勢
(立った姿勢・跪座の姿勢・
正座の姿勢)
◆ お辞儀
(立礼・座礼)
◆ 椅子の作法
◆ 歩き方
◆ 回り方と曲がり方
◆ 膝行・膝退
(座っての進退)
◆ 物の扱い方
(物の持ち方と受け渡し方)
◆ 上座・下座、席次の理解
◆ 玄関での作法
(コート等のたたみ方、履物の脱ぎ方・
揃え方)
◆ 襖・障子・ドアの開閉
◆ 座布団の作法
(座り方・離れ方・進撒)
◆ 蓋付湯呑茶碗の作法
(蓋の取り方・お茶とお菓子の
いただき方・進撒)
◆ 風呂敷・袱紗の扱い方
◆ 食事作法
(箸の扱い方・和食器の扱い方・
和食のいただき方)
◆ お参りの作法
(献花・神拝・仏拝)
◆ 紐結びと折り方
◆ ビジネスシーンの作法
(名刺交換・エレベーターの乗り方・
返信用はがきの書き方)
◆ 掛軸の扱い方