Menu

卒業生インタビュー

その先にあるのは、
晴れやかな笑顔。

3年間変わらないクラスメイト。
この仲間に支えられ
勉強に打ち込めた。

同じ夢や目標を持った人たちと、効率的に学習し自分の能力を高めたいと考えたので、特別進学コースを選びました。3年間、クラスメイトが変わらないので皆の仲が良く、悩み事も気兼ねなく相談でき、私の支えになりました。勉強に没頭する中で、辛い時もありましたが、PDCAサイクルの実践などを通して将来にも役立つ能力が身につきました。将来は好文の教師になり、生徒の可能性を拡げたいです。

自ら答えに辿り着けるアドバイスが、
壁を乗り越えるための私の力に。

もともと勉強は嫌いではなく、美術も好きだったのでデザイン美術イラストコースを選びました。先生方は親身に悩みを聞いてくださり、答えを教えるのでなく、生徒自らが答えに辿り着けるようアドバイスしてくださいました。こうした先生方の支えがあり、自分一人では乗り越えられない壁もクリアできたと思います。これからは、自分が関わる人たちの支えになりたいです。

人を支え、困難も一緒に乗り越える、
そのような人になっていきたい。

落ち着いた環境で勉強したいと思い、特別進学コースを選択しました。入学当初は、授業についていけるか、友達はできるかなど、不安も多かったですが、先生方は優しく、些細な質問や相談にも応じてくださいました。大変なこともありましたが、友達や先生方の支えで乗り越えられました。私もこの学校で支えてくださった方々のように、いろいろな人を支え、困難を一緒に乗り越えていける人になりたいです。

勉強が苦手でも熱心な指導で、
納得のいく進路選択ができた。

もともと勉強が苦手だったので、基礎からしっかりと学ぶことができる好文学園に入学を決めました。私たちは受験勉強のスタートが遅かったのですが、先生方に熱心なご指導をいただき、納得のいく進路選択ができました。辛い時もありましたが、先生方が優しく見守ってくださり、友人と励まし合うことで乗り越えられました。一生懸命、勉強に取り組むことが、進路実現への近道だと学びました。