好文木(校長ブログ)
2023.12.05
同期会

 彼女たちが入学したのと私が校長として赴任したのとが同じ年だったことから、「同期会」と名付けた二人の卒業生との同窓会の会食が先週日曜日にありました。前回は昨年の2月でした。一人はカナダ人と結婚しカナダの永住権を取得しカナダで暮らしています。前回はコロナがようやく下火になり一時帰国が叶いました。前年に二人とも結婚をしたとのことでお祝いにフォトフレームをプレゼントしました。今回もカナダから帰省したとの連絡をもらい三人で会いました。そしてまた仲良くともに第一子が誕生したとのこと、イタリアンのランチでお祝いをしました。高校卒業後、異なる道を歩んでいる二人ですが交友関係は
長く続いています。
 やはり海外の物価は高いらしく、カナダで二人でラーメンと餃子を頼むと日本円にして4,000円ほどかかるそうです。退職金はない代わりに年金が極めて多いとの話でした。二人ともそろそろ家を買おうかと思っているそうで、なかなか堅実にしっかりと生活をしているようで安心しました。そして、やはり当時の先生の話題になります。いつもながら生徒は本当によく先生のことを見て判断しているなと思います。
 卒業して14年、在学中はけっこうやんちゃで生徒指導室によく呼ばれていました。それが今ではすっかり立派な大人です。私も随分関わりましたのでこうして「同期会」と称して会いに来てくれます。嬉しい限りです。日本在住の卒業生の子どもは女の子なので、将来、本校に入学してくれたらいいなと思います。その時は創立100周年を迎えています。
 今日、昼休み、2年生に誘われて芝生のグラウンドでしばしバドミントンに興じました。曇天で風が強く羽根が流されがちでしたが、わいわいがやがや楽しんでいました。体が温まりましたが、心も温まりました。

新着記事
2024.03.02
第75回卒業証書授与式学校長式辞
2024.02.28
出生数75万人
2024.02.13
近づく卒業式
2024.01.22
わんぱくでもいい、逞しく育ってほしい
2024.01.18
文学の実用性について