banner
とじる
Menu
好文木(校長ブログ)
2020.03.18
天気晴朗なれど

 今日は昼にかけて気温が上がり春らしい陽気となりました。校庭の陽光桜も濃いピンクの花を咲かせています。季節は廻り本来なら心躍る春の到来ですが、今年は新型コロナウイルス感染拡大により、街には活気がありません。
 中国で発生、拡大した感染は、WHO(世界保健機関)が世界的流行パンデミックを宣言しました。米ジョンズ・ホプキンス大学のまとめによれば、17日現在、世界で感染者182,413人、死者7,154人を数えており、今やヨーロッパが震源地となってきました。特にイタリアは感染者が27,980人、死者2,158人に及び状況は深刻です。フランスはマクロン大統領がコロナとの戦争を宣言し15日間の外出制限を課しました。各国で非常事態宣言が続いています。アメリカ、トランプ大統領はヨーロッパ、イギリスからの入国を30日間禁止し、今後15日間は10人超で集まるのを避けるよう勧告し、90兆円の大型経済対策を打ち出しました。
 欧米に比べると、日本(クルーズ船除く感染者833人、死者27人)は今のところ、随分落ち着いています。学校の休校や企業での勤務、イベント等々、政府の要請に留まっています。政府は状況の推移に応じて対策を考えており、これを、柔軟な対応とみるか、後手後手の対応とみるかは意見が分かれています。最終的には各々の組織の長や主催者の決定に委ねられているのです。
 明日、本校は終業式ですが、一斉の終業式は行わず、学年クラスごとの時差登校とし、クラスごとに証明写真撮影と教科書販売、ホームルームを行って解散としました。春休み中の課題にはこの時期ならではの取り組みを考えてもらいました。終業式の講話に替えて、私からのメッセージも渡します。
 4月から学校は再開の前提で準備されています。4月7日の入学式は卒業式同様、生徒と保護者の階を分けて簡素化し、30分ほどで終了する予定です。ただし、感染状況が大きく変化した場合には、政府・文科省等の新たな方針に従い変更となる可能性もあります。
 コロナとの戦はまだまだ続きます。

新着記事
2020.09.16
本格化する入試説明会
2020.09.04
10年越しの「ありがとう」
2020.09.02
総裁選に思う
2020.08.27
ロックダウン世代
2020.08.20
コロナと情報リテラシー